トップイメージ

カルマパートナー/カルマパターンWS(OLD)

43573248_s

無意識に繰り返してきたさまざまな行い・行為であるカルマパターンによる
じぶんにとっての「悪い行い、行為(カルマ)による悪い結果」を
「良い行い、行為(カルマ)による良い結果」へと変容させていく -

 

『フォーギブネス・トゥ・カルマパートナー/
カルマパターン ・ワークショップ

【東京講座】2017年1月21日(土)22日(日)
【福岡講座】2017年3月6日(月)7日(火)予定
※詳細はまた後日UPいたします


「カルマ」。
誰しも耳にしたことのある言葉です。
では、その意味はいかなるものなのか。

カルマとは仏教聖典の中に出てくる言葉です。

サンスクリット語で karma(カルマ)、
パーリ語で kamma(カンマ)、
現代のヒンディー語で kam(カム)
または karm(カルム)と言います。
語彙としては、「行い」「行為」「作業」「用事」という
インドで使われている日常的に使われている言葉でもあります。

そう、とてもありふれた日常語なのです。

仏教聖典では、カルマを「業」と訳しています。
意味としては「自業自得」と理解していいでしょう。

では、仏教における「自業自得」とは、どういうことか。
それは、とてもシンプルで真理を得た言葉です。

つまり、良い行い、行為(カルマ)には、
良い結果がもたらされ、
悪い行い、行為(カルマ)には、
悪い結果がもたらされるということ。

つまり「因果応報」(行為と宿命には原因と結果の関係がある)
という古代インドの思想を表しています。

最近は、「カルマ」を因果応報の「果」、
つまり「結果=宿命」の意味で
使われていることが多く見受けられます。
しかし実際は「カルマ」は因果応報の「因」、
つまり「原因=行為」のほうなのです。

そう考えると、わたしたちは
毎日、無意識に行為=カルマを
体験しているということになります。

良い行い、行為(カルマ)をすれば、
良い結果がもたらされ、
悪い行い、行為(カルマ)をすれば、
悪い結果がもたらされる。

しかし、ここでおおきな問題が浮上してきます。
「良い行い、行為」とは、何を基準によいというのか。
「悪い行い、行為」とは、何を持って「悪い」というのか…
ということです。

たとえば、動物を殺生してその肉を料理して食べることは
人間にとっては、「良い」ことです。
肉の栄養によって生命力が再生し、
活力が生まれ、さまざまな生産的行為につながっていきます。

しかし、動物の視点から見れば、それは「悪い」ことであるのは
間違いないでしょう。

本人にとって、良いことでも
他者には悪いことかもしれない。

本人は、悪いと思っても
他者は感謝するかもしない。

善悪はとても主観的なものなのです。

「因果応報」の行いを「ことの善悪」で
図ることはほぼ無意味であり、
間違えると正義という名の暴君を生むことに
なってしまいます。

 

そこで、わたしは因果応報のシステムをつくる「因」、
つまり「カルマ=行い・行為」を感情パターンとして捉え、
カルマパターンという視点で観察してみました。

すべてのひとの毎日の行動による「因」「カルマ=行い・行為」を
無意識の感情パターンの表現として観察してみようと、
思ったのです。

つまり、ひとの因果応報の「因」「行い=カルマ」の多くは、
潜在意識下の感情のパターンによって
発生しているということ。

ひとの「行い=カルマ」の多くは
潜在意識下の感情のパターンによって
つくられている。

ゆえに潜在意識下の感情のパターンが
「行い=カルマ」を生み出しているとするならば、
その感情パターンを観察し、読み解いていけば
「カルマ」=「因」「行い」の癖、習性、
そしてパターンの全体像が
理解できるようになると考えました。

そして、「カルマ」=「因」「行い」の癖、習性、
そして感情パターンの全体像が理解できれば、
その「カルマ」の癖、習性、感情パターンから発生する
当事者にとっての「悪い行い、行為(カルマ)による悪い結果」を
「良い行い、行為(カルマ)による良い結果」へと
変化させることに気づいたのです。

わたしのあたらしいワークショップである
「フォーギブネス トゥ
カルマパートナー カルマパターン ワークショップ」は
多くのひとが気づかずに繰り返している
日常のなかのさまざまな行動、言動から生じる
「カルマ」=「因」「行い・行為」の癖、習性、
そして感情パターンから
カルマパターンをあぶりだし、理解することで
無意識に繰り返してきた
「カルマ」=「因」「行い・行為」のなかに内在する
「悪い行い、行為(カルマ)による悪い結果」を
「良い行い、行為(カルマ)による良い結果」へと
変化させるためのワークショップ。

自らの魂のなかに刻印されてきた
「因果応報」=(行為と宿命には原因と結果の関係)の
感情パターンを観察し、理解し、
人生の流れをポジティブな方向へ自らの意思で転換していきます。

具体的な方法としては、
各自、インナーセルフ、ハイアーセルフとのつながりを通して
「ほんとうのじぶん」と対話し、
気づかなかった人生の負の感情パターン、
過去生から持ち越してきたさまざまな未解決の魂の課題を
見極め、理解し、
無意識に繰り返してきた
さまざまな行い・行為であるカルマパターンによる
じぶんにとっての「悪い行い、行為(カルマ)による悪い結果」を
「良い行い、行為(カルマ)による良い結果」へと
変化させ、
そのカルマパターンをつくりあげてきた
膨大な魂の情報を読み解き、
人生を生きていくための「智慧」へと
変容させていきます。

同時に
さまざまな行い・行為であるカルマパターンをともに
体験してきたカルマパートナーの存在も見極めていきます。

そして、カルマパートナーとの感情ドラマから生ずる
さまざまな葛藤や怖れ、怒り、不安、不信感、孤独感といった
あなたの生命エネルギーをブロックしてきた
感情のテーマも理解し、「智慧」へと昇華していきます。

あなたが気づかずに日常のなかで無意識に繰り返してきた
カルマパターンのなかの
「悪い行い、行為(カルマ)による悪い結果」を見極めて、
「良い行い、行為(カルマ)による良い結果」へと
変化させることで
よりよい「いま」を実現しましょう。
nagalaga1

 

【必ずお読みください】

カーサロータスでのセラピー、ヒーリングは、医療行為ではございません。
過去に精神分裂症(統合失調症)など精神疾患の診断を受けたことのある方、
または現在、精神科に通院され治療中の方で、
精神疾患の告知、診断を受けている方、薬を服用中の方、アルコール依存症、
てんかんの方のお申し込みはできませんのでご了承ください。

 

btntoiawase