トップイメージ

ライフパーパスデザイン・ワークショップ

nagalaga1

 ライフパーパスデザイン ワークショップ

ほんとうに必要なモノ、ほんとうに自分に必要なパートナー
そして  「ほんとうにやりたい仕事」  が
明確に描き出されいく
足元からすべて生まれ変わるワーク。

それが、Salon de NAGA LAGAが発信する
ライフパーパスデザイン ワークショップです。

  ◆  
  
☆ 2017年スケジュール ☆  

【東京・土日】10月28日(土)29日(日)全2日間
【福岡・博多・糸島】調整中

   
あなの真の人生の目的(天命)を明確にし、

的確なヴィジョンを意図し、現実化してくために構築されたワーク。

それが「ライフパーパスデザイン・ワークショップ」です。

いま、私たちの生きている地球は、いよいよ「水瓶座の時代」に本格的に突入し、
魚座の時代の、ひとりの英雄や権威者の示す理想や価値観に
多数の人たちが従い、その絶対的な価値に依存して生きることが
「幸福」であると信じられてきた期間が終わりました。

一人ひとりが「ほんとうの自分」の声とつながり、
自立と自律の意識のもとに、自由に生きていくことが
「幸福」のエネルギーを生み出す時代になったのです。

私たちは、自分自身の天命を知りたいと感じはじめ、
コンシャスレベル(顕在意識)の願望よりも、
インナーセルフレベル(潜在意識)の願望で生きたいと願い、
さらにはハイアーセルフ(高次の意識)からの意識で
地球の愛と統合する生き方を現実化したい、
と願うようになってきていると感じます。

このような背景から、必然的に生まれたのが、
《 ライフパーパスデザイン・ ワークショップ 》なのです。

ライフパーパスデザイン・ワークショップの体験談はこちら☆

● 開催のご案内 ● 
  
【東京・土日】 10月28日(土)29日(日)全2日間
【福岡(博多)】調整中

  ◎時 間/10:30~18:30
  ◎参加費/50,000円(税込)
  ◎持ち物/筆記用具

☆ 再受講(4,000円/日)も受け付けております


【ライフパーパスデザインWSでは、どんなことするの?】

ライフパーパスデザイン・ワークでは、
まずコンシャスセルフ(顕在意識レベル)での
自己実現に対する願望のヴィジュアライゼーションからスタートします。

次にインナーセルフ(潜在意識レベル)での
自己実現に対する願望のヴィジュアライゼーション。

最後にハイアーセルフ(高次意識レベル)での自己実現に対する
願望のヴィジュアライゼーションを行います。

そして「コンシャスセルフ」「インナーセルフ」「ハイアーセルフ」
それぞれの意識段階での自己実現に対する、
さまざまな願望の具体的な内容を理解すると同時に、
それぞれの意識段階のあいだで見えてきた「ギャップ」の理由を理解し、
そのギャップをトリートメントしていきます。

トリートメントの後、最終的なハイアーセルフの
自己実現に対する願望のヴィジュアライゼーションをより明確にしていき、
最終的なライフパーパスとして言葉とヴィジョン(絵とコラージュアート)に
仕上げます。

さらにハイアーセルフとの対話を通して、ライフパーパスがその人自身の
今生における「天命」に沿ったものであることを理解し、
その最終的なライフパーパスとして言葉とヴィジョンを現実化する
最終ゴールの期日を設定し、
その現実化する日までの工程表を仕上げます。

その工程表と言葉とヴィジョン(絵とコラージュアート)は、
ワークショップが終わった翌日からはじめる
インナーセルフとハイアーセルフとの対話を通して、
常に更新していきます。

☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆

このワークを行うことで、参加された皆さま各自が
自ら描き出す意識内のエネルギーの表現としてのビジョンは、
「隠されてきた願望」「抑え続けられてきた欲求」
「まったく気づかなかった可能性」など、
「ほんとうの自分」という広大な意識の宇宙のなかに眠っている
小宇宙のなかのインナーセルフでは、まったく違った願望として表れてきたり、
さらにハイアーセルフに至っては、
ほとんどの願望が不必要なモノだと分かることも。

ほんとうに必要なモノ、ほんとうに自分に必要なパートナー、
そして¥「ほんとうにやりたい仕事」が
明確に描き出されたりと、
足元からすべて生まれ変わるような体験をしていきます。

まさにこれは自己の内なる宇宙を内観することで
「ほんとうの自分」という、
膨大な情報体をスキャニングする作業になるでしょう。

 【フォロアップ体制】

 ライフパーパスデザイン・ワークショップを受講されると、
 インナーセルフ(潜在意識)とハイヤーセルフ(高次意識)との繋がりが、
 とても強くなり、コミュニケーションする事が習慣化されてきます。
 それは、時にはずっと隠し通してきた「自己否定」や「自己不信」、
 あるいは「現実逃避願望」を白日の下に晒すような作業になることもあります。

 またワークショップ中に解放されるべきインナーセルフの抑圧が表面化し、
 天命のビジョン(ライフパーパス)が明確になる前に、
 抑圧されたインナーセルフと対峙することになる可能性もあります。

 このような場合は、フォローアップとして、後日開催される同ワークショップに
 「ライフパーパス」を明確にできるまで、格安の受講料で再受講していただけます。 

◎再受講料/4,000円(1日)

 

【必ずお読みください】

カーサロータスでのセラピー、ヒーリングは、医療行為ではございません。
過去に精神分裂症(統合失調症)など精神疾患の診断を受けたことのある方、
または現在、精神科に通院され治療中の方で、
精神疾患の告知、診断を受けている方、薬を服用中の方、アルコール依存症、
てんかんの方のお申し込みはできませんのでご了承ください。

btntoiawase

◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◇◆◇◇◇
ライフパーパスデザイン・ワークショップの体験談
◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇


埼玉県より受講 H.T様

ワークショップでは2日間、徹底して自分と向き合うことができました。

かつてこんなに集中したことがないくらい深く瞑想し、最終日は疲労困憊でしたが、
同じ時間を共有したたんたんさんと皆さんのおかげで乗り切ることができました。

インナーセルフとハイヤーセルフから伝わってきたビジョンを絵に描いた時、深く胸に響きました。

そっか…こんな女性らしい格好がしたかったんだね…こんなところに住みたかったんだね…

気付いていなかった思いが溢れてきて、本当にびっくりしました。

以前の私は、将来性について考える時、
どうしても一般常識の枠に捕らわれてました
(例えば女性は30歳頃までに結婚するのが良いなど)。
外に基準を合わせてしまっていたのです。

でも今回のワークショップで答えは自分の中にあるのだと知りました。
そのことを体験できて本当に良かったです。

これからも迷うことは多々あるかと思いますが、
その時は必ず自分のインナーセルフ、ハイヤーセルフに「どうしたいの」と
問いかけて行きたいと思います。

この度は本当にどうもありがとうございました。
またどうぞよろしくお願い致します✩

 

◇◆◇◇◇◆◇

 

 東京都より受講 N.O様

ワークショップを受講した感想は、
まず大変有意義で濃厚な時間を過ごしたと言う事です。

こんなにも自分と向き合った経験は初めてです。

正直2日間を終えたあと疲れがどっと出ました。
それほどまでに集中した2日間だったのだと思います。

インナーセルフそしてハイアーセルフと沢山会話しました。

どちらも自分ですがハイアーセルフに至っては初対面でした。

顕在意識で生活をしていると気づかない意識、考えを教えてくれる存在でした。

本当はどう生きたいのか、生きていきたいのかを気づかせてくれました。

顕在意識下で抑制した考えを持ち続けている中で、
忘れてしまった事を思い出させてくれた出来事でした。

その教えが現在迷いのあった私にとってぶれない考え、目標となっています。

今までも自己啓発系のセミナーなどで
どう目標を立てていくか学んだ経験もありますが、
やはり顕在意識で考えるためどうしても腑に落ちず考えがぶれまくり、
目標やどう生きていくかが見えずにいました。
それが今回のワークでとてもクリアになったと感じます。

コンシャスセルフ(顕在意識)で考えた事を
インナーセルフに尋ねるとワクワクが足りない、
楽しさが足りないと言われ、本当にその通りだと納得しました。

そしてハイアーセルフにインナーセルフが言っている目標で良いか尋ねると、
コンシャスセルフとインナーセルフ両方から見た妥協点を指示してくれます。

その結果を絵にしました。

受講後数日経ちますがその絵のイメージが鮮明に目に焼付きついています。

それはとても強いパワーを持っているかのようで、実現できるのではと感じます。

その目標までの計画も作成したのですが、実は計画のひとつが実行できています。

自分でもびっくりしていますが。

また一緒に受講した方々もほぼ同じキーワードを
インナーセルフやハイアーセルフに助言されていた事も印象的でした。

本当に受講して良かったと感じています。

今後の自分がとても楽しみです。

たんたんさん、ご一緒した皆さんに感謝します。

ありがとうございました。

◇◆◇◇◇◆◇


鹿児島県より受講 秋風様

コンシャスセルフ(顕在意識)の私が着たい服は、
赤い髪を立て、黒いパンツをはきエレキギターを持った
ロッカー少年のようなファッションだった。

次に、インナーセルフをイメージすると、なぜかオネエの男性で、
着たい服は、女性らしい和装とドレスだった。
着物やドレスを着たインナーセルフは、自由で楽しそうに踊っていた。
そしてインナーセルフは、男らしい男性にエスコートしてもらい、
ついていきたいと言った。
 

ここまで見てきて、私は、自分が女性らしくあることを、
否定しているところがあることに気がついた。

私は普段でもパンツをはきがちで、スカートなど女性らしい服装はあまりしない。

現状の私の生活で、あまり女性らしさを発揮できているとは言えない。

インナーセルフが、オネエの男性として現れたのは、
オネエの方々は彼らの中の女性性を否定されがちでしょうから、
女性性の否定の象徴として現れたのだなと気がついた。

ほんとうは、今の私は、自覚するより、
もっともっと女性らしく生きたいと思ってたんだと思った。
 

次にハイアーセルフをイメージすると、光輝く観音様のような姿が現れた。

やはりインナーセルフがあなたの不満を表現したのですと教えてくれた。

私は自分がやりたい具体的な仕事など知りたかったけど、
漠然とした回答しか得られなかったが、今回のワークを通して、
顕在意識だけでははっきりとは自覚していなかった、
今感じている感情を再確認することができた。
まずは、そこを知ることがスタートだろうと思う。
 

たんたんさんも、今回のワークはスタート地点であるので、
これから日々、インナー、ハイアーに繋がる作業を続けて
一つになっていくことを薦めておられます。
 

コンシャスの私には、女性らしい服や行動には
やはり少し抵抗があるのは事実ですが、深層心理に従い、
チャレンジしてみたいです、そうしてこれからの自分の反応を楽しみにしています。

これから日々、インナー、ハイアーに繋がる作業を続けて
本来の自分になっていけたらいいなと思います。

◇◆◇◇◇◆◇


静岡県より受講  S.N様

講座に参加してみて思ったのは、
「インナーセルフって思ったより弱くないぞ」ということでした。

メロディのワークやこれまで受けてきたセッションで会うインナーは、
何となくいつも、傷ついていたり、
黒いものを持っていたり、元気がなかったりでした。

何となく自分の中で、インナーと会う=慰める、癒すもの
といったイメージがついていたのかもしれません。

光を満たしてお別れで、そこからインナーと更に対話したことが、
意外となかったようです。

講座中のインナーのメッセージは、とにかく元気。そして明確でした。

受講前に心配だったのは、
「本当のインナーの声をキャッチできるだろうか」という事でした。

今までインナー・ハイヤー等のイメージをはっきりキャッチする方ではなく、
『何となく、こうかな』という感じだったので、
顕在意識の、こうあるべき、みたいな観念が入ったり、
他の方の体験談と同じようにしなきゃとか
気にしすぎちゃうのでは、と心配でした。

実際にやった結果は、こうあるべき観念の斜め上の回答が返ってきたので、
大丈夫だった! という感じでした。

また、結果的に体験談の方の結果と似た部分はありましたが、
実際にやってる際中はすっかり忘れてて、
振り返るとそういえばという感じぐらいだったので、
ちゃんと自分の内側からの答えをキャッチできた、と思えました。
その体験が、嬉しかったです。
自分の感じたことが間違ってない、と思えた感覚は、
少なからず自信になりました。

ハイヤーセルフについても、「これがハイヤーなんだ」という感覚を、
つかめたような気がします。
今までイメージで捉えたことはあったけど、講座のように長い時間、
いろんな事を聞いてやりとりすると、
インナーとまた違う、ハイヤーのスタンス・感覚を感じました。

今まで本当に、インナー・ハイヤーと“対話”することって、
してたつもりでしてなかったんだなぁと思いました。

またハイヤーとの対話では参加者の方と共通する部分が出てきて、
お互い何の話もしてないのに共通した方向性が出てきたことが、面白かったです。
 

そして受講後は、ひとり対話が増えました。

あーでもない、こーでもない。じゃあこうする?とその時提案されることが、
今は「ハイヤーだ!」と思うことが増えました。
答えの感じが、講座の時のハイヤーさんぽいからです。

また『インナーセルフは、感情そのもの』ということが、感覚でわかってきました。

インナーは理屈などで装飾されていない。

今のインナーのイメージは、本当に大本の光のエネルギーのようです。

恐怖や怒りを理由に『~しなきゃ』という場合は、
それは顕在意識が作ったものかも? と思うようになりました。

その場その場の、もしくは過去の出来事に起因した出来事から沸き起こる、
あくまでも感情そのものがインナーなんだと、
講座の時のインナーの感覚から感じました。

その感じを持って見ると、リリースすべきものが何か、
わかりやすくなった気がします。

以前は「これはインナーの声?それともハイヤー?( ?_? )」という事が多く、
わからず流してしまう事もあったけど、
今はそれぞれの感じが何となくわかるので、それが楽しいです。


◇◆◇◇◇◆◇

 

熊本県より受講 M.T様

ようやく、コンシャス、インナー、ハイヤー、
どれも自分なんだとだんだん腑に落ち始めています。

ワークショップ中の感覚は、その時は普段の感覚にほど近く
大きな変化を感じていませんでしたが、
あの時に見た映像は現実とのギャップがあり、
コンシャスで作りあげているのではと不安がありました。

しかし、本物だ、と思えるようにようやくなってきました。

ところが…、それらの映像や心地よい感覚と、
今生きている現実社会のギャップに苦しみ始めています。

現時点で何を選択したらいいのか、今の生活のままでいいのか…と、
現在が通過点であると理解しながらも
思うようにパッと変わっていかないもどかしさや、
ハイヤーセルフで見ている生き方とは
真逆のことが起こっていることにも動揺が隠せません。

このことからもかなりコンシャスセルフに占領されて
生きてきたのがよくよく分かります。

とにかく、自分の幸せに向かって動いていっていることを信じ、
三者会議を繰り返してみようと思います。

もっと伝えたいことがある気がするのですが、
言葉にできるのは今のところこれぐらいです。

つたないですが、現状報告と感想まで。

ありがとうございました。

またたぶんお願いすると思います。

追伸  参加できて良かった! これは確かです。

 

◇◆◇◇◇◆◇

 

山口県より受講 J.S様

たんたんさんのブログで概要が書かれ始めた時から
ずっと受けたい、受けようと思っていました。

一つ一つのイメージを絵として、文として形にしてく作業は
自分の予想もしなかった、でも
「あ~わかるわかる、確かにそう思っていた」という姿を
明確に見せてくれるので、とても面白かったです。

そして、参加者みんなでシェアリングできることが
よかったように思います。
参加者さんのイメージ像を客観的に見ることで
自分自身の気づきも深まったように感じます。

個人セッション何回分に相当するだろう、という
いうくらい、濃い2日間でした。

あれから、毎日、インナーセルフと対話するようにしています。

インナーセルフの「こうしたい」という欲求と
実際行動を起こすまでとの間にタイムラグがあると
エネルギー循環不全で、インナーセルフがイライラするようなので
欲求をキャッチしたらなるべく早く
決断する、行動に移す、ようになりました。
なので、体力的には疲 れ気味ですが・・・(笑)

そして、
ふわふわとした夢物語で終わらせるのではなく、
現実に落とし込んで行動していく、
行動して変えていく、ということこそが
ライフパーパスなのだと、わかりました。

ありがとうございました。


  ◇◆◇◇◇◆◇


大阪府より受講 N.N様

とても有意義な2日間を過ごすことができ、参加して本当に良かったです。
実はワークショップ後、原因不明の高熱が数日続き入院したり、
家庭内の問題が大きく浮上しまして…

かなりのストレスフルな状態の1ヶ月間で、通常ではありえないくらいの
色んなことが起こりまして。
まさに、たんたんさんが仰ってた通り、
まさにジェットコースターのような、怒涛の日々を過ごしておりました。
長くなりますが、少しお話させてください。。
まず、ワークショップの直後の出来事なのですが、
あの日、自宅のある大阪へ戻るため、足早に福岡空港に向かったのものの、
なんと、飛行機がまさかの欠便で。乗る予定の便はすでに最終便だったので、
振替輸送もなく、最終の新幹線も終わっていて、敢えなく博多まで戻り、
もう一泊することになってしまいました。(–;)

覚えてらっしゃるかわかりませんが、
最後のワークで、ハイヤーセルフの見解を発表する際、私のハイヤーは最終的に
「まず一人になってみる」というメッセージを伝えてきていて、
描いた絵も「大きなベッドで一人っきりで眠っている姿」だったんですね。
この出来事は、まさにそれが具現化されたかのような、
予想外の飛行機の欠便による影響で、この夜、一人でベッドに寝る…
ということが、早々と実現化したかのような体験でした。
しかも、その日は土曜日でホテルの部屋の空きもほとんどなかったため、
一人なのに、何故かクイーンサイズのベッドに一人寝…
まさに絵に描いた通りの、それは大きな大きなベッドでした。(笑)
ちなみに、飛行機の利用は多い方だと思うのですが、欠便自体が初めての体験で。
この期に及んで、偶然とは思えないほどの驚くばかりの出来事でした。

大阪へ帰宅したのちは、先にお伝えしたとおり、
今度は原因不明の高熱が1週間続き、下がらなくて入院、結局、原因は不明。。
何とか治ったと思ったら、今度は起きていられないほどの激しい目眩が数日続き、
仕事も出来ず、またも1週間寝んでしまいました。
そして、家庭内の問題…夫との離婚問題が急浮上してまいりまして。
今回、このワークショップを受けた目的のひとつとして、 夫との関係の見直し…
今後自分がどうしたいのか?ということだったのですが、
離婚・別居の話が具体的になってきました。
(ここでも「まず一人になる」というハイヤーの見解が近いうちに現実化しそうです)
一方で、仕事の方で、大きなチャンスをつかむことにもなり、
これもまた、インナーセルフの願望がいきなり実現しそうな勢いで…
いったい何が起きているのか知る由もないのですが、
きっと、インナーセルフとハイヤーセルフがつながりったことで、
願望がよりリアルに、クリアになったのことなのでは…と確信しています。
この他のことでも、色んな意味で、
もう自分にはウソはつけない…というのが、とても強くなってきています。

もう、理不尽に堪えるとか我慢だとか、自分を犠牲にするということに対して、
拒絶感や嫌悪感が激しく出てきています。
同時に、インナーセルフの長年の抑圧された痛みや、
コンシャスセルフの怖れも顕になってきていて、
改めて、自分の中の怖れの強さと、トラウマや痛みを思い知りました。

今もまだ精神的にはかなりハードな状態ですが、
このことは、遅かれ早かれ、いつか体験することで、自分と対峙する時…
それがきっと今なんだ…と実感していて、本来の自分の人生を生きるために、
避けられないものだと思っています。
そして、インナーセルフという内なる自分の声をはっきりと認識したことと、
ハイヤーセルフに委ねることで、コンシャスセルフの持つ恐れに翻弄されっぱなし…
ということもなく、怖さを感じながらも、何を選択するのか?
ということができるようになってきてると思います。

今後も想像もしていないことが身の上に起きたり、色んな思いが出てくるのでしょうが、
これもすべてプロセスなんだ… すべてを受け入れ、味わい尽くし、手放していくものは
手放していきたい、と心から思います。

今回、ライフパーパス・ワークショップに受講して、本当に良かったです。
たんたんさんに心から感謝です。ありがとうございました。


◇◆◇◇◇◆◇


福岡県より受講 清水陽子様

瞑想会等で、ハイアーやインナーと繋がり対話する練習を自分でするも、
なんとなく感覚が流れていたり、中途半端に感じる事があり、
自分の対話を深め、今後の道筋をはっきりダイナミックに
生きることを意図して参加しました。
自分の着たい服、居心地のいい場所など
コンシャスとアンコンシャスの、
ある程度ギャップがあるだろうなぁと想像はしていましたが、
ライフパーパスに意識を向けてインナーと対話するときに、
結構ギラギラした若者男子(20代前半?)が出てきたのには、
予想外でビックリしました。
そして何を話しても、人生を勢いで満喫するかのような、
わたしのコンシャスからは多少無謀な?計画性のないような
意見を次から次に言ってくる。
白と黒を基調とした生活空間と自分のスタイル。
色はいらない。
超シンプル。
金が何を保障するんだ?
その時の情熱が一番なんだ。
わたし自身のコンシャスとの意見が全く折り合わず、
お互い平行線。。。
わたしにこんな一面があったんだ。
と改めて、自分自身にびっくりしました。
(あとで、この若者男子【ベン】が
ライフパーパスで出てきたことも、理解できました)
超感覚的な若者男子と、
インド神を思わせるようなハイアー【シヴァエリ】と話し、
これからのビジョンが明確になってきました。
今後も見直して変わっていく事もあるだろうし、
自分自身の変化に伴って、進むベクトルも変わっていくと思いますが、
今自分がやっていく方向性に間違いないよ、と太鼓判をもらったこと、
わたしが提供するセッションやWSについての考え方、など
かなり的を絞れる3者会談がその場で行われました。
ハイアーとインナーが統合された中で、
ずっと対話した『わたしの天命(ライフパーパス)』の一部を紹介すると
方向性はこのままいく事。将来、ツールは変わるかもしれない、
それは今気にすることではない。
「愛」を伝えること(が天命)。
自分自身の調和が乱れると、分離感・憎しみ・罪悪感が出る。
調和を取り戻すこと。調和していることが「愛」だ。
その人本来の自分を取り戻す事、
それは、その人自身がその人らしく自分の人生を切り開いていく事だが、
そのサポートをすることが、(わたしの)仕事。
今まで、孤独な過去世も、今世のそういう部分も、
その理解に必要だったのよ。
わたし(意識)が「人の調和取り戻すなんでおこがましい気がする」
と伝えると
誰がおこがましいと思う?
人からどう見られるのが関係あるの?
出来る事をしないほうが、
自分を取り戻すチャンスがなくなる人が出てくるの。
これについてどう思う?
そんなレベル(の話)じゃないの。
以降、プライベートな対話が続いたので割愛しますが、
とにかく、自分を出せ、という強いメッセージの対話が続きました。
わたしの中では、エネルギーと気持ちの整理がついたWS終了でしたが、
ここからが本番で、「自分を出す」ことの恐怖について、
向き合う数週間がやってきました。
WS中から、長引いていた微熱、咳の症状が一気に進み、
これも浄化の一環か、、、と俯瞰し
細胞レベルで変化している状態を確認し、
インナーとハイアーの対話からも、
とにかく「自分を信頼して、大丈夫」と繰り返しくるメッセージ。
ところが、最近は落ち着いていた、喘息の症状が、
ほんの数時間で突出し、軽くパニック状態になりました。
もともと、病院に行くよりも代替治療を選択して、
ここ数年は落ち着いていたのですが、
あまりの症状に、薬を使うかどこかに駆けこむか、、、
かなり悩みました。
喘息は、特に小児によくある症状の一つですが、
大人での発作でも、様子を長く見過ぎてタイミングを逸すると、
窒息して、死に至る可能性もあります。
幼少期から、この症状と付き合ってきた自分の体験からすると、
今の自分の症状は、「けっこうヤバイ」状態でした。
気管支が収縮してしまい、胸骨が陥没するようになってきました。
自分の死も意識しました。
恐怖を抱えながらも、ハイアーに自分のベストチョイスを相談すると、
しきりに『自分を信頼すること』と言うのです。
具体的に「ここ2日ほどが山。1週間したら、完全に日常に復活出来る」と。
そして、「インナーと対話すること」と。
半分パニックなので、客観的な意見がほしく
友人に(メロディ♪クリスタルワーカー)状態をチェックしてもらうと、
やはり「インナーと対話しろ」と。
気持を出来るだけ落ち着けてインナーと話すと、
「外にでると攻撃される」という、
わたしの実際の幼少期と重なる3~4歳の自分と、
おそらく過去世に関連する、両性具有の人物が出てきました。
どちらも、「周りからの理解はない、外に出ると攻撃されるし、
自分の家族(側近)からは外にでるな、と言われている」という2者でした。
子どものインナーチャイルドは話して癒して、
感情をリリースしていくと、どんどん成長していって、
落ち着いたエネルギーになりました。
過去世の方は、話していると今世に思い当たることもあり、
ずっと不安と対話して、少しずつ彼(彼女?)と
気持ちのやりとりをしていきました。
感情ストレスをリリースすることと、
ハイアーからの「自分を信頼すること」を指針に、
この地道な作業をするうちに、ほんの少し寝落ちしました。
息苦しく横にもなれない状態で、
ほんの少しでも眠れたことが自分でビックリしました。
やはり、自分と向き合うことしかないんだ、と確信して、
対話を重ねていきました。
自分の肉体の症状は、ある程度知識と体験があるので
「チアノーゼ反応がはっきり出たら、その時をいったんリミットにしよう」
そう決めて、一日かけて、自分との対話をしていきました。
対話を深めると、ふと身体が緩む瞬間が訪れ、少し睡眠がとれる、
ことを繰り返して、少し身体を横に倒したり、
自分で動いて水分を取ることが出来るようになってきました。
ハイアーが最初に言っていたように、2日が山場で次第に落ち着いてきました。
わたしの呼吸困難は、外に出る恐怖・不安と直結していました。
今までの体験から、息苦しくなれば、
外に出る事ができない利点も理解できました。
完全に日常レベルに戻ったのは、一週間近く、、
全て自分が語っていた通りだったのです。
身体の症状についても、ハイアーに聞いてみると、
かなり細かく答えてくれました。
ずっと続いていた微熱も、
自分には珍しくかなりひどい頭痛があったことも
「身体の変化を促す症状」の一環に過ぎず、
どんな身体の症状も『自分が意図した設定でエネルギーが働いている』
ことをしっかりと確認できました。
そして、これ以降も何度も、「これがわたしの進む道だ」という確信と
「古い考えを捨てて行動しろ」というお試しが何度もやってきています。
感想をまとめることも、実際のWSから一か月ほどかかるだろう、
と最初の予感はしていましたが、
本当に色々あって、一か月かかりました(笑)
WSから一か月ですが、感覚としては数か月経ったような、
不思議な感じもしています。
まだ日常の繰り返しですが、コツコツ続けている最中です。
WSを受講させて頂いた事、
また、自分を振り返る機会を下さったことに改めて感謝しています。
ありがとうございました。

~~~~~

皆さま、素敵なご感想をありがとうございます!!