トップイメージ

レイキヒーラー養成講座

★各種レイキヒーラー養成講座

私たちは宇宙に存在し、無限の「愛」で満ちています。
「レイキ」とは、その宇宙の生命エネルギーを人から人へ送り、癒す、
とてもシンプルな技術です。
誰でも簡単に身に付き、肉体、感情、精神、魂のレベルまで光で満たし、
私たちの毎日の暮らしを豊かにしてくれるのです。

☆現在募集中の講座はこちらから

※各種レイキヒーラー養成講座、福岡では随時募集中です。
※東京は講師の出張時の空き枠にて開講可能です。
お気軽にお問い合わせください。

レイキマスター/ 高橋ひとみ

●レイキって何?

「レイキ(霊気)」とは、自己や他者の身体に手のひらを当てることで
心身のバランスをとり、健康へと導いていくヒーリング(癒し)方法です。

レイキは宇宙に存在する生命エネルギーの源泉と繋がり、
ヒーリー(癒しを受ける側)にとって必要なエネルギーが必要な量だけ
自動的に流れるというもので、ヒーラー(癒す側)の意図や意志に
左右されるものではありません。

その点では、エネルギーを意志でコントロールする一般の気功法とは
明らかに異なります。

通常は目に見えませんが、決して神秘的なものでも不思議なものでも
ありません。

レイキ(生命エネルギー)は私たちのまわりに無限に存在し、
誰もが生まれながらに持っている光の導管のアチューメント(波動調整)
を行うことで、「いつでも、どこでも、誰でも」容易に使えるようになる
ヒーリングテクニックなのです。

レイキエネルギーを体内に満たすことで、心と身体が調和し、
本来人間に備わっている自然治癒力が呼び起こされ、心豊かな生活を送る
手助けをしてくれるのです。

●レイキの歴史

レイキは大正時代に臼井甕男氏によって始められました。

臼井氏は、京都の鞍馬山で21日間の断食瞑想の末、体得されたと
伝えられています。それは臼井霊気両方として広められました。
その後、外国へと伝わり、霊気はヒーリング効果の高い技法として
広がりを見せ、イギリスでは保険適応となっており、アメリカでは
医療のサポートとして医者や看護士にも多く受け入れられています。

戦後、日本では忘れられた存在でしたが、近年、海外からの逆輸入の
形で日本に入り、再認識されています。

今、世界中でレイキを行っている人の数は500万人とも言われています。

●レイキで何ができるの?

レイキは日常生活の様々な場面で活用することが出来ます。
使えば使うほど、自身のエネルギーの流れがよくなり、
感覚も敏感になり、その結果、体調も整っています。

*気(外気功)を流せるようになり、自己へのヒーリングができます。
*他者へのヒーリングができます。
*動物、植物、鉱物や環境なども癒すことができます。
*レイキを流すことにより自然治癒力が高まり、病気になりにくく
なったり、病気が治りやすくなります。
*根気強く続けることによって、カルマやトラウマを解放することができます。
*場の浄化(なんとなく居心地の悪い場所の気の状態を改善する)が
可能になります。
*遠隔ヒーリング(遠くの場所の浄化や人のヒーリング)が可能になります。
*邪気を受けにくくなります。
*他のヒーリングテクニックと併用でき、相乗効果が得られます。
*積極的に使っていくことで、精神性を向上させます。

その他、レイキの特長で 一般的な気功との違いは

*エネルギーは自動的に相手に流れます。
*そのパワーは永久なので、アチューメントを受ければ一生使えます。
*ヒーリング中の強力な精神集中が不要です。

★出張レイキ・ティーチャーコース

◎現在スケジュールの出張講座はございません。
糸島では随時募集しております☆

 

★レイキヒーラー養成講座(2日間)・・・64,000円(税込)
 2日間で臼井レイキファーストからサードまで伝授 いたします。 ★フュージョンレイキコース(2時間)・・・32,400 円(税込)
(臼井レイキサードディグリー修了者対象)
フュージョンレイキはレイキを更にパワーアップします。
臼井レイキ・カルナレイキ・道教あん摩気功の複合体の
エネルギーを使えるようになります。★レイキティーチャー養成講座(1日間)・・・54,000円(税込)
レイキをご家族やご友人、さらには幅広く多くの方々に伝え、
使えるようになるための「レイキヒーラー養成講座」を
開催できるようになります。

 

 

【必ずお読みください】

カーサロータスでのセラピー、ヒーリングは、医療行為ではございません。
過去に精神分裂症(統合失調症)など精神疾患の診断を受けたことのある方、
または現在、精神科に通院され治療中の方で、
精神疾患の告知、診断を受けている方、薬を服用中の方、アルコール依存症、
てんかんの方のお申し込みはできませんのでご了承ください。

 

btntoiawase