LE GRAND BLEU by カーサロータス

水瓶座の時代のためのクリスタルワーク

水瓶座時代のためのクリスタルワーク・シリーズ 2024
Part1 - Holistic Huna Arrays 
Part2 - イリミネーション・アレイはこちら

2019年の終わりに旅立ったメロディが最後にシェアしてくれたホリスティックフナ・アレイのワーク。

◇水瓶座時代のためのクリスタルワーク / PART 1
メロディ・クリスタルワーク体験会 『ホリスティック・フナ・アレイ』

□■■ ワークショップの日程

【糸島開催】満枠☆
日程:1月28日(日) 10時00分~18時30分ごろ
受講料:18,000円
定員4名 

【糸島開催】終了しました☆
日程:2月25日(日) 10時00分~18時30分ごろ
受講料:18,000円
定員4名 

【東京開催】終了しました☆
日程:2月6日(火) 10時30分~17時30分ごろ
受講料:22,000円
定員6名

Melody著書 愛は地球の中に「レイイング・オン・オブ・ストーンズ」お持ちの方はご持参ください(必須ではございません)。購入される場合は別途4,400円となります(事前にご希望お知らせください)。


‧  ‧✦‧  ‧✦‧  ‧✦‧  ‧✦   ‧

水瓶座時代のためのクリスタルワーク・シリーズ 2024

すべてのひとが自らの内側に信じるべき光となる自分軸を持たなければ迷い、行くべき未来さえ見えなくなる水瓶座時代に向けたクリスタルワーク ー

いままで大多数の人々が信じてきた社会的価値観、信念、国家や大企業が掲げる未来像や理想、そしてたくさんのひとたちが信奉し、依存してきたさまざまなカリスマたちの言葉と理想・・・それらあたりまえこととして広くシェアされ信じられてきた価値観、理念、信念が大きく壊れていく水瓶座の時代。

すべてのひとが自らの内側に信じるべき光となる自分軸を持たなければ、迷い、行くべき未来さえ見えなくなる、ともいわれているアクエリアンエイジが2024から本格的にスタートします。

『水瓶座時代のためのクリスタルワーク』は、これからはじまる、すべてのひとが自らの内側に信じるべき光となる自分軸を持たなければ迷い、行くべき未来さえ見えなくなる時代に向けて、自らの内的宇宙の中心にセンタリングし、内なる声につながり、顕在化させるためのクリスタルワークです。PART 1 とPART 2 の二部構成で開催します。

まずPART 1は、メロディのクリスタルワーク『ホリスティック・フナ・アレイ』。
2018年、メロディ最後の来日ワークショップとなったこのクリスタルワークを「体験会」として開催します。
『ホリスティック・フナ・アレイ』は、インナーセルフ、コンシャスセルフ、ハイアーセルフをつなぐ経路を開き、低電位、中電位、高電位というそれぞれの内なる意識階層が持つ電位エネルギーを同期・統合することで、インナーセルフのエネルギーの顕在化、さらにハイアーセルフからのインスピレーションの現実化を促すクリスタルワークです。

「個人が自らの内側に信じるべき光となる自分軸を持たなければ、迷い、行くべき未来さえ見えなくなる」あらたな意識次元の時代において、この経路の開放と同期・統合は、内なるビジョンを明確に具現化し、人生のあらゆる場面において自己信頼と思考とインスピレーションの統合を果たすための体験となるでしょう。『ホリスティック・フナ・アレイ』認定プラクティショナー・tantanが参加者の皆さんとともにこのワークをシェアいたします。(※ この体験会は、『ホリスティック・フナ・アレイ』を学び、習得するものではなく、ワークを通して、その内容を理解し体験するものです)



‧  ‧✦‧  ‧✦‧  ‧✦‧  ‧✦   ‧


‧  ‧✦‧   ‧✦‧   ‧✦‧   ‧✦   ‧

『愛は地球の中に』の「ホリスティック・フナ・アレイ」は「インナーセルフとコンシャスセルフとハイアーセルフが一体化すると人間存在としてのエネルギー、パワーは最大値に拡大し、ほんとうに望むこと、意図することを確実に具体化、現実化することができるようになる」ことをクリスタルワークで表したもの。

そこで来年の1月、2月に糸島と東京でメロディから伝授された「ホリスティック・フナ・アレイ」の体験ワークショップを開催することにした。

このワークは「インナーセルフとコンシャスセルフとハイアーセルフが一体化すると人間存在としてのエネルギー、パワーは最大値に拡大し、ほんとうに望むこと、意図することを確実に具体化、現実化することができるようになる」ことをクリスタルワークで表したもので個人が自らの内側に信じるべき光となる自分軸を持たなければ、ただ迷い、行くべき未来さえ見えなくなる、という来年から始まる水瓶座の時代のためのクリスタルワークだと気づいたから。

ブログ「ミカエルブレイズ」より